鮭を石狩鍋風にしてみましたがあまり美味しくなかった

前の買い物の時に、塩っ辛い焼鮭が食べたくなったので鮭の切り身を買ったんですが、1切れ余っちゃいました。焼鮭はもう満足するほど食べましたし、どう食べようかなと思って、そう言えば食べたこと無いなと思い立ったので、石狩鍋風にしてみました。

キャベツやタマネギなんかの、普通の鍋とはちょっと違う野菜を使うのも特色のようなので、キャベツ・タマネギ・ニンジン・鮭にしてみます。鮭はぶつ切りにしようとしたら骨が邪魔だったので、まあ火が通ったらほぐれやすくなるでしょうと、切り身をそのまま。

タマネギとニンジンをグツグツと煮込んで柔らかくしたら、キャベツと鮭を入れて、キャベツが歯ごたえ残ってる程度に火を通して味噌を溶き、弱火で少し煮て一応完成。

食べてみた感想としては、汁が甘いです。砂糖は使ってないですし、味噌も甘みがあるわけではないんですが、使った野菜が3つとも甘味のある野菜でしたしね。おもったより甘くて面食らいましたが、まあ悪くはないと思います。

ただ、鮭にあまり味が染みてません。味噌は風味が飛びやすいので、溶き入れてから割とすぐ食べちゃったからですかね?大きい切り身のまま入れたから味が染みにくかったのもあるかも?骨が邪魔とか言ってないで、ちゃんと一口大に切っておくべきでした。

味は悪くはないと思ったんですが、美味しいと言うにはもうちょっとって感じです。次作る時には、甘みの出る野菜は減らして、もっと鮭に味が染みるよう工夫する必要がありそうですね。