血糖値が高いので生活を見直す。青汁を飲み始める

血糖値の数値が最近気になりだしてきました。朝目覚めると身体がだるくて、起きるのがつらいと感じるようになってきました。生活習慣を見直す時期にきていると判断しました。

血糖値が高いときには、過食、美食を避けるようにします。栄養をバランスよくとることが大切になってきます。主食は白米や白パンを避けて、玄米や五分づき米、玄米パンに切り替えるのが望ましいのです。

副食は肉や砂糖を制限してヒジキ、ワカメなどの海草類、野菜類をたっぷりととるようにします。
タンパク質は脂肪の少ないとり肉、白身魚、ダイズ製品である豆腐、納豆などから、脂肪はごま油、ダイズ油などの植物油からとるのが理想となってきます。

カボチャはビタミンAの働きをするカロチンが多く、100グラム中500IUも含まれているのです。そのうえ、カロリーがサツマイモの半分しかないので、糖尿病の予防になると考えられているのです。

とくに、北海道産で肉質の濃い黄色のクリカボチャが効果があります。これは、毎日でもとるのが理想的です。カボチャを生食するにはすりおろしたものに炒りゴマ、青のり、白みそ、ハチミツを混ぜると口当たりがよくなります。てんぷらや油焼きにしてもよいです。

水の代わりに青汁を飲む

水のかわりに抹茶や青汁を飲むようにします。抹茶も青汁もビタミン類、とくにビタミンA、ビタミンCや葉緑素、カルシウム、リンなどのミネラルが多いのです。青汁にはショウガの絞り汁を少量加えるとさらに吸収が良くなるのです。

保存